ビジネス課題への解決策(アイディア)と、新たな発想(+α)が見つかるIT情報メディア

Menu
  1. TOP
  2. BPM
  3. ビジネスプロセスマネジメント(BPM)とは
BPM

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BPM

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)とは

ビジネスプロセスマネジメント(以下、BPM)とは、企業戦略と業務プロセスとの整合を取りながら、業務プロセスを分析、かつ最適化し、継続的改善サイクルを確立・運営する包括的な手法です。

経営戦略やビジネスモデルを現場レベルに落とし込んだ結果、現場の社員はどのように仕事をするべきか、「標準プロセス」という目に見える形のフローとして定義し、これを普及・展開し、順守状況を評価します。

グローバル化や買収、合併などにより、多くの企業は「標準プロセス」の継続的な見直しに迫られています。

企業内の戦略・プロセス・ITの整合性を取りながら、継続的な改善を進めるには、これらの情報を企業資産として効果的に可視化、分析、共有する必要があります。

BPMの目的

BPMを通じて、最適化されたプロセス、その最適化された標準プロセスの展開とガバナンス、モニタリングと継続的改善の基盤の実装が実現します。

その結果として事業展開の迅速化(海外展開、M&A等)、サービス品質の底上げ、属人化を排除し人材育成が容易になるといった効果が得られます。

BPMを実行する上でのCSF

BPMを実現する上でのCSF(Critical Success Factor)とはなんでしょうか。

われわれの経験では、最も大切なのは組織・人・文化面とBPMを実施・展開する上での方法論、そしてそれを支えるツールという3要素が重要となります。

ユニリタでは、BPM製品で長らくリーダーであり続けるARISを提供するのみならず、10年以上の経験を持つBPMコンサルティングチームが、豊富なBPM経験に基づく方法論を用いて皆さまのBPM活動を支援いたします。

BPMBPMtoとCSF

BPMで解決できる課題

さまざまな課題テーマに対して、BPMは効果を発揮します。

弊社の経験では、BPMテーマ(BPMにて解決したい事)として、以下の様なテーマに皆さん取り組んでいます。

メールマガジンの登録はこちらから
メルマガ登録 お問い合わせ